日本レストランシステム会長・大林豁史さん

標準

「カンブリア宮殿」から。
・社員やアルバイトを重宝し、長く働いてもらう
・物流センターは配達効率を考えて、常識を破り園調布に配置する
・就労時間内に本音で話し尽くし、アフター5の交流はしない
・素材は本物を使う
・クーポンは発行しない
押さえるべきポイントを押さえた上で、
経済合理性を追求していることが、
脅威の利益率20%を実現している秘訣だと思う。
親孝行もできない人間が人生で成功できないという考え方も含め、
すごく共感した。

日本レストランシステム会長・大林豁史さん」への2件のフィードバック

  1. ボン

    過去の日記にコメントしてしまって、すみません↓
    初めまして、ボンと申します☆
    私もこの回のカンブリア宮殿を見て凄く共感しました!!
    そこでちょっとお尋ねしたい事があるんですが、どうしてクーポンを発行しないんでしょうか?
    最初の10分を見逃してしまったので、わからないんですよ。。。
    良ければ教えていただけませんか><

  2. tanigox

    ちょっと記憶が曖昧ですが、リーズナブルで本物の商品を提供することに集中されているからだったように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です