社会人必読!「フラット化する世界」 トーマス・フリードマン著

標準

経営のプロ感謝祭で米倉誠一郎教授が薦めていた、
「フラット化する世界」を遅ればせながら読了。
ITの進化により、今グローバルビジネスで何が起こっているのか、
その中で日本人である自分は何をすべきかを把握するために、
あらゆる社会人、就職活動中の学生にとって読んでおくべき一冊です。
フラット化する世界とは、ITの進化に伴って、
アメリカの業務がインドに、日本の業務が中国へアウトソースされるようになり、
徐々にアウトソース先の国が実力をつけ始め、
先進諸国との差が無くなりつつあることを意味しています。
僕が以前働いていたゲーム会社のアウトソース先の開発会社は、
中国にも拠点を持ち、僕の担当するゲームが中国で開発されることもあったので、
以前からフラット化する世界を実感していましたが、
その中で何をすべきかをあまりわかっていませんでした。
しかし、この本を読むことで、
国民性と日本在住によるアドバンテージを最大限に活かした、
独創的なサービスの立ち上げを目指していくべきだと感じました。
そして、沢山の日本人が僕と同じようなことを目指さなければ、
日本は世界から置き去りにされてしまうだろうとも感じましたし、
米倉教授はそう感じさせたかったのでしょう。
また、この本には、ITの進化の過程において、
新興企業やオープンソース開発者が果たした役割が詳しく書かれているので、
ネット業界で起業を目指す人や起業家にとっては、
間違いなく興奮できます!
特に、僕が気に入ったのは、ネットスケープの創業者、
マーク・アンドリーセンのこの言葉。

人間は習慣を変えたり理由があれば、すぐに習慣を変えるものだし、
そもそも他人と結びつきたいという本能に近い気持ちがある。
他人と結びつく新しい方法をあたえると、技術的に難しかろうが克服し、
新たな言語を習得するものだ-それぐらい他人と結びつきたい気持ちは強く、
できないはずはないと考える。ネットスケープが解き放ったのはそういうものだった。

インターネットに詳しくない大学のサークルの友人達が、
GREEのコミュニティを活用するのはまさにこういうことだし、
僕も本能を揺り動かすようなサービスを立ち上げたいと思います!

フラット化する世界(上)
フラット化する世界(上)
posted with amazlet on 06.12.23
トーマス・フリードマン 伏見 威蕃
日本経済新聞社
売り上げランキング: 269
フラット化する世界(下)
フラット化する世界(下)
posted with amazlet on 06.12.23
トーマス・フリードマン 伏見 威蕃
日本経済新聞社
売り上げランキング: 401

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です